<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術

「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。 レーシックを行っている病院は全国各地に多数あり、病院同士で集客の争いのために積極的に採用をしています。
レーシックの資料取り寄せるだけで割引券を貰うことが出来たり、病院のホームページから割引券がダウンロードすることが出来ることもあります。
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいことです。
最近におきましては、レーシック手術の割引制度を行なっているクリニックがたくさんあるので有効活用しましょう。

 

まずはクリニックへ行く前にウェブサイトなど隈なくチェックをするようにしてください。
またYahoo!などのネットオークションでは1円からレーシック代が販売されていることもありますので探してみましょう。





セカンドハウス
URL:http://pv-relo.jp/secondhouse/
セカンドハウスナビ


<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術ブログ:07 6 17

最近、わたくしはゴルフを始めました。

友人や仕事関係の人に会った時、
挨拶がてらに「ゴルフを始めた」と話しをすると
わたくしを知るほとんどの人が「意外だねぇ」と応えます。

昔、どんなに誘われても断り続けたゴルフ…
それが今では、時間を見つけては
打ちっ放しに行くまでになったのです。
それは、ひょんなことがきっかけでした。

幼稚園に通う息子とわたくしと父親(ジジ)の
親子三代で出かけた時のこと…

息子が
「ジジはぼくのおじいちゃんだけど、パパのおじいちゃん?」
と聞いてきました。

どうやら息子にとって
「ジジ(祖父)とわたくし(父)」の関係が
今ひとつわからないようなのです。

「ジジはパパのパパなんだよ」と答えると、
息子は不思議そうな顔をして
「ウソだよ。ジジはパパのパパじゃないよ」と言います。

やはり息子にとっては
少し難しいのかなと思っていると…

「パパはいつもボクと手を繋いでくれるのに、
ジジはパパと手を繋いでくれないじゃない?
ジジとパパが親子なら、なんでボクみたいに手を繋がないの?」
と息子は半泣きになっているのです。

息子は
父母と息子は手を繋ぐもの…と感じたようです。

息子の泣き顔と孫の言葉に、
恥ずかしながらもわたくしと父親は手を繋ぎました。

何十年も繋いでなかったその手は、
ゴツゴツした父親の手から
シワシワのおじいさんの手になっていました。

不思議と涙が出て来ました。
元気で頑固な父親も
本当におじいさんになってしまったんだなぁ…

そしてこれから先、
少しでも父親と一緒に過ごしたいと感じたのです。

ビールも飲めないわたくしにとって、
これから父親と楽しく時間を過ごせるもの…
それがゴルフだったのです。