<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い

どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えないのです。
将来的には、合併症などの心配を指摘している専門家の意見もあることから日本でのレーシックの普及はまだまだ発展途上と言えます。
レーシックの人気が徐々に高くなってきている理由の一つに非常に高い安全性というものが挙げられます。
しかしその一方におきましては、まだレーザー治療で視力回復するのに不安を抱いている人が大勢いるのです。

 

レーシックは眼科の専門医により適正な手術を行ってもらうことにより、とても安全な手術なのです。
最新の治療機器が揃っており、またアフターフォローも充実しているクリニックを選ぶようにしましょう。



<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高いブログ:07 7 17

みなさんは
痩せれば痩せるほど
「綺麗に見られる」「うらやましいと思われる」
と思っていませんか?

オレは、痩せるだけが減量ではないし、
細ければ細い程、綺麗に見えるわけでもないと思うんですよね。

人をより綺麗に見せる減量法があり、
その中に自分をより引き立たせる美しさがあると思うんです。

よく「身長−110」kgが、理想の体重だと言われますよね。
オレも以前は、この数値を目標に減量していました。

ところが、
目標の体重になったのに、体型はまだ肉付きのいいものだったんです。
なので、さらに体重を落とし始めました。
体重を落とすことだけを重視していたんですよね。

しかし、いくら体重を落としても
いい減量をしていなければ
理想の体型にはなれないんです。

オレが減量を続けて感じた事は、
自分をより綺麗に見せるためには体重ではなく、
全体的な体型が必要という事なんです。

有名人でも、
体重はそこまで細いわけではないけれど、
全体的にバランスがとれていてかっこいいな〜
スタイルがいいな〜と感じる有名人っていますよね?

きっと運動も食事もバランスがとれているから、
綺麗なプロポーションに見えるんですよね。

オレは、すれ違う人などをつい見てしまうんですが…
確かに細い人にも目はいきますが、やはり見とれてしまうのは、
全体的なバランスのとれたプロポーションをもっている人です。

結局、何が言いたいのかというと…
体重だけに目をやるのではなく、
それよりも、自分が一番きれいに見えるプロポーションを
手にいれるための減量をするべき!
…という事なんです。

体重を落とすことだけにとらわれず、
自分が一番美しく見えるプロポーションになるための
減量をしましょう!